矯正歯科

マルチブラケット矯正(ラビアル)

マルチブラケット装置は、ブラケットという歯の一つひとつに接着させた小さな装置に通されたワイヤーと歯列を連結させて、歯並びを整えていく装置です。ほとんどの症例に対応できますので、多くの矯正歯科医院で使用されています。
従来のマルチブラケット装置では、金属色(メタル)の装置を使用していましたが、現在では、歯科材料技術の発達により、白色もしくは透明のポリウレタンやセラミック製のブラケットもあります。当院では、ワイヤー装置においてもより目立たない透明なブラケットとホワイトのワイヤーを使用しております。

ワイヤー矯正の歴史は古く1900年代前半から世界中で行われてます。
初めてワイヤー矯正を行ったとされるTweedの作った米国アリゾナ州にあるTweed International Foundationには世界中から毎年多くの留学生が訪れその技術を学んでいます。

マルチブラケット装置の利点

マルチブラケット装置の利点
  • 多くの症例に対応可能
  • ベーシックな装置のため、リーズナブル
  • 患者の協力度にかかわらず矯正治療を行える。

マルチブラケット装置の欠点

  • 他の装置と比較し目立ちやすい
  • ワイヤーやブラケットの間の歯に、歯ブラシが届きにくく、虫歯や歯肉炎のリスクがある
  • 装着時、一定期間、鈍い痛みや、違和感があったり口内炎ができたりすることがある
  • より良い結果のために、歯科医は多くの矯正治療の経験が必要
各歯科矯正の料金表はこちら